半田市、武豊町の不動産、戸建、土地、マンションの事なら住まいるプラス半田店にお任せください!

愛知県半田市郷中町1丁目1日乃本ビル1F

~不動産の良い情報を得る方法~

公開日:

カテゴリー: ブログ  タグ: 


こんにちは、住まいるプラスの一條です。
本日はこれから家探しを始める方に多分為になると思うアドバイスをさせて頂きます。

良い家ほど早く売れてしまいピッタリの家に出会えないという方も必見です。

コツ① 自分にとって良い家とは何かを知る

「良い家」と一口に言ってもライフスタイルや暮らし方で何が「良い家」かはお客様によって違います。

例えば、通勤時間を短くしたい人には職場からの距離、アクセスが最優先ですよね。
また、ゴミゴミした環境が苦手なお客様には少し不便かもしれないけど街中から離れた環境が大切になってきます。

暮らし方をどうしたいのかで「良い家」が違ってくるというのはそういう事です。

家探しを始める時には「どんな暮らし方をしたいのか」「どんな家が良いのか」あなたの夢をじっくり営業マンに伝えてみましょう。

このときにあなたの夢をしっかりと聞いてくれない営業マンは要注意です。

コツ② 営業マンを味方につける

どういう事?営業マンは家を売りたいから味方でしょ?

もちろん住まいるプラスではお客様の夢を叶えるにはどうすれば?と考えています。

でも、営業マンも人間です。
お客様が本気で良い家を探していると感じればついつい力が入ってしまうのが人情です。情が湧けば力が入るのは当たり前でそのお客様の夢を叶える為に必死になります。

これはよくあるケースなんですが、ある情報が入ってきました。熱心に家探しをしているAさんとなんとなく家探しをしているBさんの2人がいた時に真っ先にAさんにご連絡を入れるというのは実際よくある事です。

営業マンを味方に付けるとはそういう事です。

コツ③ 営業マンを味方に付けるには

不動産営業マンは皆さんが思っている以上にたくさんのお客様をかかえています。
物件情報が入った時には「あのお客様にこの物件はピッタリだな」などお客様の顔を思い浮かべます。

この、真っ先に営業マンの頭に浮かぶ存在になる事がポイントです。

いったい、どうすれば‥。実は簡単で営業マンからの電話には極力出る。出れなければ折り返す。メールには極力早く返信する。

この繰り返しが不動産営業マンの印象に残る一番の方法です。特に住まいるプラスでは通常のご連絡は履歴が残るメールで行います。逆に電話をかける時はいち早く情報をお届けしたい時しか電話をしません。(結構な確率で良い情報です)

現在、インターネットの普及によってさまざまな情報を得る事が出来るようになりました。
ただ、不動産の情報は服や車の情報と違って1点物です。無くなってしまったらおしまいです。
つまり、良い家を手に入れる為には誰よりも早く自分にとって有益な情報を手に入れる事がとても大切です。
その為にうまく不動産営業マンを活用しましょう!