半田市、武豊町の不動産、戸建、土地、マンションの事なら住まいるプラス半田店にお任せください!

愛知県半田市郷中町1丁目1日乃本ビル1F

住まいの給付金

公開日:

更新日:2020/05/07

カテゴリー: ブログ | 不動産マメ知識  タグ: 


対象となる要件

→スマホの時はスクロールさせてください→
新築住宅 中古住宅
  1. 住宅ローンを利用している場合は、住宅瑕疵担保責任保険へ加入した住宅または住宅性能表示制度を利用した住宅など施工中に検査を受けている住宅が対象
  2. 住宅ローンの利用がない場合は、施工中に検査を受けていることに加え、フラット35Sと同等の基準を満たす等の住宅が対象
  1. 給付の対象となるのは、売主が宅地建物取引業者である中古住宅
  2. 住宅ローンを利用する場合、既存住宅売買瑕疵保険への加入など、売買時に検査を受けている中古住宅が対象
  3. 住宅ローンの利用がない場合、年齢が50才以上の者が取得する住宅が対象
    ※10%時には、収入額の目安が650万円以下(都道府県民税の所得割額が13.30万円
    以下)の要件が追加されます。

その1・住宅ローン減税

期間が13年間に延長され、1300万円の借り入れで120万円以上の控除も!

住宅ローンの年末残高の1%を所得税から控除する期間が、10年間から13年間に延長されました。

11年目~13年目は、以下の①②のうちいずれか少ない方の金額が3年間に渡り所得税の額等から控除される。
①住宅ローン残高又は住宅の取得対価(上限4,000万円)のうちいずれか少ない方の金額の1% 
②建物の取得価格(上限4,000万円)の2%÷3

住宅ローン
借入額
(万円)
13年間での
総控除額の
参考額(万円)
800 74
1000 93
1300 121
1500 139
1800 167
2000 186
2300 214
2500 232
2800 260
3000 279
3500 326
4000 372

その2・すまい給付金

支給額が最大50万円となり、対象者も拡大!

消費税率引き上げによる購入者の負担を軽減するための国の制度がすまい給付金です。中古住宅の場合、一般の売主の物件は対象外で買取再販業者から購入する場合に限って支給対象となります。2019年10月からはそれまで最大30万円だった支給額が最大50万円になり、さらに支給対象者の年収目安も約775万円まで引き上げられました。 年収目安ごとの支給額は以下のようになります。

 

●住宅ローンを利用する場合
収入額の目安 給付額
450万円以下 50万円
450万円超525万円以下 40万円
525万円超600万円以下 30万円
600万円超675万円以下 20万円
675万円超775万円以下 10万円

 

●住宅ローンを利用しない場合
(購入者の年齢が50歳以上に限る)
収入額の目安 給付額
450万円以下 50万円
450万円超525万円以下 40万円
525万円超600万円以下 30万円
600万円超675万円以下 20万円

※どちらも夫婦(妻は収入なし)+中学生以下の子ども2人のモデル世帯の場合の収入目安額です。

※実際の減税額や給付額はお客様の住宅ローンの条件や年収などによって確定します。
 詳しくは住まいるプラスにお問い合わせいただくか、国土交通省のホームページ(http://sumai-kyufu.jp/)
 などをご確認ください。