半田市、武豊町の不動産、戸建、土地、マンションのことなら住まいるプラス半田店にお任せください!

愛知県半田市郷中町1丁目1日乃本ビル1F

損をしない家の買い方

公開日:

カテゴリー: 不動産マメ知識


こんにちは、住まいるプラスの一條です。
今回は「損をしない家の買い方」をお伝えします。
家を買うのに損とか得とかってあるの?
それなら損はしたくないですよね。
 
まず、家を買うという事はどういう事なのでしょう?
もちろん言葉どおりで家を買うんです。
ですが、少し見方を変えてみましょう!
家を買った後にお金を支払い続けるのはどこに支払うのでしょう?
そうです、銀行です。
つまり、家を買うとは住宅ローンを買うと言っても過言ではないのです。
 
ここで、今日のメインテーマ「損をしない家の買い方」です。
その方法は…
 
最も有利な条件の銀行で住宅ローンを組む!
たったこれだけです。
 
これであなたが得られる利益はザックリですが、30万~80万ぐらいになります。(オーバーではないですよ)
逆に損をしてしまう事もあるって事です。
もちろん、何かを我慢する事もなければ特別めんどくさい事をするわけでもありません。
ですが、その見返りは非常に大きいのです。
 
【具体的にどうする?】
 
まず、住宅ローンには「事前審査」「本審査」があります。
車のローンやショッピングのクレジットとは仕組みが違うんですね。
 
【住宅ローンを利用する時の具体的な流れ】
事前審査 → 本審査 → 住宅ローンの契約(金銭消費貸借契約) → 融資実行
基本的にどの金融機関もこの流れで進みます。
 
「事前審査」とは
実は、○○銀行、△△銀行、□□信用金庫など数社に同時に住宅ローンの審査をかける事が出来ます。
そして審査をお願いした各金融機関から後日「融資金額は○○万円、金利は○○%、保証料は○○万円でOKです」といった回答が得られます。
 
この時の融資条件が金融機関によって結構違うんです!
違うと言っても金利が0.2%違うとかそういったレベルです。
ですが、この0.2%がバカに出来ないんです!
例えば、2000万円の住宅ローンを35年で組む場合の総支払額の差額は金利がたった0.2%の差で
709,831円也!
「えっ…」って感じですよね。
ほとんどのお客様がその審査回答結果を見て「こんなに違うの!」「大手が良いって訳ではないのね!」とビックリされています。
これだけはインターネットでは調べられません。
なぜかというと、住宅ローンの審査は銀行ごとにも違いますが、「不動産の担保価値」と「借りる人」と「次期」によって変わるからです。
例えば同じ人が借りても新築住宅と中古住宅では融資条件が変わる場合もあります。
又、同じ物件なのに借りる人が変わると融資条件が変わる場合もあります。(ホントですよ)
時期によっては各銀行内で融資強化月間みたいなものがあって急に融資の条件が良くなる場合もあります。
(強化月間があるかどうかは私の憶測です。でも、あからさまな時があるのは事実です。)
 
「本審査」とは
名前どおりで具体的に借入する1つの金融機関に審査をお願いします。
融資条件は事前審査の融資条件とほぼ一緒です。
 
住まいるプラスではこの「事前審査」を利用して気に入った家が見つかった時にどの銀行で住宅ローンを組むのがベストなのかを事前にお調べするサービスを行っています。
もちろん無料です(^^)/
住まいるプラスには各銀行の住宅ローンの事前審査用紙をご用意しておりますので、お客様は当店でただ記入するだけです。
あとは私どもにお任せください。
 
どうでしたか?参考になったでしょうか?
買う家は同じです。是非、しっかりと銀行選びをしてロスが無いようにしましょう!
 
※事前審査の結果、下記のような金利優遇の条件などが付く場合があります。
・給料振り込み口座の指定
・公共料金の支払い口座の指定
お勤めの会社で金利優遇条件がクリアできるかどうかの確認も事前に必ずしましょうね。